活動内容

jinzai

日本を代表する人材育成家。人材育成歴20年以上、これまでに延べ10万人以上の指導実績を持つ。
専門分野は人材開発、リーダシップ開発、チームビルディング開発、キャリア開発、組織力強化。

「加藤秀視とは?」

ドキュメンタリー映像「加藤は何者?」(30分40秒)

企業研修、講演、コーチ、被災地支援、学校支援、親子支援……。
多岐にわたって数々の活動を行う加藤秀視は一体何者なのか?

加藤秀視に1年間密着し、活動の全貌を捉えたドキュメンタリー映像。

hr

kensyu

アジア最高峰の「超体感型ゲーミフィケーションプログラム」による人材育成手法や、海と山を用いた野外特殊コースによる国内最高峰の「チームビルディング」と「リーダーシップトレーニング」により、ビジネスマンからトップアスリート、オリンピック選手を中心としたメンタル強化を行う。クライアント企業の売上を数年で100億円規模に成長させるなど、実績多数。

株式会社小学館集英社プロダクション、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、株式会社NTTデータ、株式会社Plan Do See、コカ・コーラ・ボトラーズジャパン株式会社、サトーホールディング株式会社、東海大学駅伝部など大手企業から強豪アスリートチームまで、500社以上のクライアントに対してトレーニングを提供してきた。

また、定期開催される公開研修は募集と同時に毎回満席になる人気ぶり。「初年度で年商1億円のビジネスを立ち上げることができた」「人間関係が劇的に改善された」など好評で、業界を問わずトッププレイヤーを輩出している。

人の能力を最大限に引き出すための探求を続ける中で瞑想に出会い、その後、国内外で瞑想の権威者から直接指導を受けて古代ヴェーダンタから伝わる最古の瞑想法を習得。瞑想熟練者でも理解が難しいとされる古代瞑想の本格的な概念を分かりやすく体系化し、クライアントへのコーチングや人財教育事業に活用している。これまでの瞑想指導実績は3000人以上、近年では瞑想指導者の後継育成にも力を入れる。

人の行動の根元である「アクション(行動)」「マインド(価値観)」「セルフラブ(精神性)」全ての領域にアプローチできる世界屈指のトレーナーとして業界に名を轟かせた。型破りな育成手法は人間の根底にある可能性を開くだけでなく、「まるで人生を凝縮したドラマのよう」だと定評がある。

coach

経営者、アスリート、ビジネスマン、アーティストなど、幅広い分野のメンタルコーチを務める。全潜在力にアプローチする独自セッションの効果は、無名のアスリートを世界大会金メダル獲得、オリンピック出場、ビジネスの売上倍増、絶縁状態だった親子関係の修復など、業種・職種を選ばない。

workimg03
workimg04

kouen

企業、NPO、財団法人、学校、少年院、法務省など、全国で講演活動を行う。どん底から這い上がってきた人生経験から発するメッセージは聴講者を勇気付け、講演会をターニングポイントに人生を変える人が続出。数年後に感謝を伝えに来る人、学校卒業後に会いに来る人、出所後にお礼を伝えに来る人が後を絶たない。

口コミによる講演依頼が絶えず、老若男女問わず年間1万人以上に対してメッセージを伝えている。

スペシャルトークライブ2015(2015年5月)
世界的な慈善活動家ヤンク・バリーをゲストに迎えた。1,500枚のチケットはわずか2週間で完売。

  • kakomiimg01
  • kakomiimg02

スペシャルトークライブ2016(2016年3月)
チケット代1万円の単独公演で1,000名を動員した。

  • sptalk01
  • sptalk02
workimg01
workimg02

kouenjisseki

  • <一般>
    日本選択理論心理学会
    社団法人広島青年会議所
    社団法人横浜青年会議所
    鎌倉市倫理法人会
    習志野倫理法人会
    島田市市民安全課
    福井県健康福祉障害福祉課
    日本基督教団清水ヶ丘教会
    淀橋教会
    高根沢町社会福祉協議会
    他多数
  • <企業関係>
    JR東日本
    日本放送協会(NHK)
    株式会社小学館集英社プロダクション
    株式会社ダイヤモンド
    株式会社北陸銀行
    株式会社サヤマトラフィック
    MDRTジブラルタ分会
    MDRT日本会
    香港和僑会
    株式会社きくや美粧堂
    ツカサ都心開発株式会社
    他多数
  • <教育関係>
    久喜市教育委員会
    読谷村教育委員会
    宇都宮市立岡本北小学校
    川崎市立野川小学校
    市原市二葉中学校
    新宿区立新宿中学校
    八洲学園高等学校
    三重県立名張高等学校
    函館大谷短期大学
    学校法人三幸学園 リゾート&スポーツ専門学校
    他多数
  • <少年院・刑務所関係>
    法務省浪速少年院
    喜連川社会復帰促進センター
    法務省小田原少年院
    法務省赤城少年院
    法務省川越少年刑務所
    法務省高松矯正管区内篤志面接委員協議会
    深谷地区更生保護女性会
    横浜西保護司会
    他多数

oyako

少年院を出入りする非行少年少女・問題を抱える親子3,000名以上の問題解決に貢献。更生した少年少女の再犯率は業界では異例の1%未満。その様子は「テレビ朝日スーパーJチャンネル」「フジテレビスーパーニュース」「フジテレビとくダネ!」「TBSイブニングファイブ」などで特集を組まれ、テレビ放送された。

workimg05

gakko

全国の学校、教育委員会、少年院、刑務所に対し、無償で講演活動を行う。虐待、施設、非行、裏社会、逮捕。過去に様々な苦しみ、葛藤を抱えてきた加藤秀視ならではのメッセージを届ける。再犯防止に貢献したとし、感謝状など多数受賞。

発売2か月で10万部のベストセラーとなった著書『自分を愛する技術』(徳間書店)を無償で全国の教育機関に献本する活動なども行っている。

book01

tohokusien

2011年、東日本大震災の復興支援を開始。震災2日後に現地入りし、物資100t以上、炊き出し10万食以上の支援を実施した。宮城県南三陸町に『東北復興サポートセンターHamanasu』を設置し、のべ1,000件以上のボランティアマッチングを実現。自身が持つグループ企業『株式会社新明建設』で被災者50名以上を雇用し、がれき撤去を行った。

震災直後、学びの場を失った子ども達に対し『はまなす学習塾』を提供し、小中高生の学びをサポートした。震災の記憶を風化させないため、2012年から現在に至るまで計4冊の書籍を被災地から出版。

  • sanriku01
  • sanriku02
  • sanriku03
  • sanriku03
  • 南三陸町からの手紙シリーズ

これらの活動が評価され、2012年に「社会貢献者表彰」を受賞。2015年には、セリーヌディオンやマイケルジョーダンなど、世界的影響力を持つセレブリティが多数所属する慈善活動団体『グローバルビレッジチャンピオンズ財団』のメンバーに日本人として初選出された。

GVC

kumamotosien

2016年、熊本地震の支援活動を開始。震災翌日、熊本に向かう道中で全国から支援物資と支援金を募り、大きな余震が続く中、震災2日後には支援物資10t以上を支援が行き渡らない過疎地域へ届けた。わずか3日間で1,300万円以上の支援金が集まり、支援のインフラ構築に貢献した。(支援の詳細についてはこちらの報告資料をご覧ください)

kumamoto01
kumamoto02