ナチュラルな教育

オレは、これからの教育っていうのは、よりナチュラルなやり方が求められてると思うし、そういうものじゃない限り、教育での結果を出すことはできないと思う。
では、オレの言う「ナチュラルな教育」ってのは何か?
今日はここでそれを伝えたいと思います。

奴隷・依存体質をもたらす学校教育


現状、今の日本の学校教育って、すべて「知識の記憶教育」。
すでに完成している答えを探したり、決まった答えの擦り合わせをしたりするための教育。
つまり、もう完成の答えがあって、その答えをどう記憶し、当てられるか、ということに重点が置かれている。

自分で答えを創り出す教育とか、プロセスの創意工夫で答えを探す教育とか、答えのない問いから自分なりの答えを見出すのではなくて、みなと同じ答えで、決められた正解を当てるための教育。
幼少期から成人の教育プロセスによって、大人になってもその教育された常識が染み付き、学校教育の頃と同様に自ら答えを創造し生み出すのではなくて、ただ答えを待ってる。
それが大人になった日常社会でも当たり前に行われているわけです。

ただ、歴史上を見てもわかるように、こういう教育では正直、何も変わらないんだよね。なぜって、自分なりの答えを持っている人か、もしくは答えを持っていそうな人に依存して、そこに正解を求めてしまうわけだから奴隷体質や依存体質から脱出できない。

そもそも、何もせずに答えを誰かに求めることを教育された人は、自分で答えを創り出す、っていう発想がない。
たとえその答えが間違っていたとしても、その間違った答えから、どうそれを受け止めて、間違った答えから、どう自分なりの答えを見つけるかという発想力や転換力も、もちろんない。
あくまでも、決められた答えを探し、それを求め、自分を納得させられる答えを見つけるために頑張っている。それは、自分の答えじゃないのにね。

誰かが決めた答えに自分の人生はない


だから、成功に関しても、こういうのが成功、とか決められた答えがあると信じてしまう。だから似たような成功事例と失敗事例が同時に生まれる。
また、いい子ってのもこういう子で、できる子ってのもこういう子だ、ってすでに答えが決まっていると思ってしまうわけで。

学校という制限された環境では、いい子やできる子であっても、それが大人になって環境が変わった場合、それがうまく連動するとは限らない。
むしろ学校の中でいい子じゃない子たちが大人になったら成功したり、子どもの頃やんちゃでぜんぜん言うことを聞かなかった子たちが、社会に出てより多くの人の役に立ったりする、ってことは実際にありうるわけです。

だからオレ達は、誰かが決めたいい子とか、誰かが決めた優等生とか、誰かが決めた成功とか、誰かが決めた答えを求めるんじゃなくて、自分がしたいこと、自分が成したいこと、自分にとってこれが成功や至福ってものを視て、それと出逢うことが、自分の人生を生きるってことだと思うんです。

大事なのは、知識だけの教育が全てと勘違いするのではなくて。五感のみに偏る教育はもう止め、もっと直感力とか、意識の進化とか、サバイブ(生きる力)とか、リーダ力やチーム力や信頼や愛、そして人間力。

そういった人の力の本質と行為と感情の、連動部分の覚醒にアプローチした教育に切り替える必要があると思うんです。
そう進化しない限り、絶対に人財は出てこない、ってことはすでに明らかで。
結果として、今までのやり方とあり方では、学校教育に関しても、ビジネスマンの教育に関しても、未来をつなぐ創造性は生まれないんです。
だからこそ、これからの教育っていうのは、室内に詰め込んで、座学で知識や理論を教えていくだけじゃなくて、より本質的で自然の法則に従ったナチュラルなやり方が必要だと思っているんです。

人の進化が約束された超体感型研修


我々マーヴェラス・ラボでは、企業とか、学校関係、アスリートなどを対象とした、専門的にリーダシップなどをトレーニングする超体感型研修を行っています。

※■那須マーヴェラスアドベンチャー

https://youtu.be/zko_cFZDUEo

※■石垣マーヴェラスプレジャー

https://youtu.be/nz5fo9GUoEM

自然と融合した、よりナチュラルな教育なんです。だから、オレたちのやり方っていうのは、自然の中で学ぶんですよ。

山とか海とか、自然にはルールというものが必ずあります。その決められた自然のルールの中で、いかに自分自身のパフォーマンスを発揮していくか。
例えば、山や海という自然の中で、自分はどのようにその環境と向き合って、どうそれを受け入れ、調和して、過酷な状況をクリアしていくのか、とか。
そこで、どう考え、何を選び、どう行動し、切り抜けていくのか、自分自身やチームで考えていく、ってことがとっても大事なわけです。

だから、室内セミナーでは絶対体感できないことが、マーヴェラス・ラボの超体感型研修施設にはあるんです。
この自然と融合したナチュラルな教育っていうものは、今までの教育の中にはなかったものだった。

本来教育の結果は善も悪もより自然で、これからの時代は一人一人の進化も組織の進化も、良くしていく流れに逆らう必要がないワケです。
だから、人の意識が変わる時期が到来してて、流れは自然でナチュラルなわけです。

冒頭にも書いた通り、ナチュラルな教育がなぜ大事かっていうと、自然から学ぶことが、たくさんあるからなんです。
例えば、山の中や海の中で学ぶなど、自分の日常にはない、オレたちじゃ絶対に逆らえない自然を生かした特殊な環境での経験だからこそ、一人一人の本音が出るし、感情も動くし、感受性が高まり得られる体感がたくさんある。
これはセミナーとか座学では絶対に得られないものです。

だから、我々が行う人財教育は、山での特殊なアドベンチャーコースを使った教育や、海中での海洋研修や、水陸で瞑想もできるようにしています。
ここまで人の進化が約束された人財育成の環境は、おそらく日本中探してもマーヴェラス・ラボだけだと思うんです。

自然と調和・融合した人財教育


これからの人財教育って、より自然と融合した教育スタイルの確立が大事なわけです。
つまり、知識を座学で頭に埋め込む教育だけじゃなくて、体感していく。感情や自我や自分が持っているサバイブや生命力、そういうところに同時にアプローチしていく教育。
そのためにもナチュラルさが重要なんです。

今世の中はエコとか、グルテンフリーとか、いろいろな分野でナチュラルになっていますよね。
衣服もそうだし、食もそうだし、生き方もそうだし、すべてがナチュラルになっていく。
だからこそ、これからの教育というものも、より自然に従ってナチュラルになっていかないといけない。
でも、そのことを認識していない人が、まだまだ数多くいるのが現状です。

じゃあ、教育のナチュラルさって何かというと、甘やかすとか、甘いことを言うとか、そういうことじゃなくて。自然から教わる恐怖や、自然から教わるリスク、また、そこから生まれる自分の自力とか仲間の存在価値や絆、そういうものがたくさんある。
オレたちは、この自然っていうものが先生になって、自然っていうものが生きた教科書になれば、得られることがまだまだたくさんあるわけです。
しかも、意図的ではなくて、これは自然が決めたルールなわけです。

だから、マーヴェラス・ラボの超体感型研修施設っていうのは、この自然と調和した中で、いかに自然と融合して人財教育をしていくのか、ってことを探求した研修センターなわけです。だから、海と山と瞑想というものをコンテンツの軸にしています。

瞑想って言うと、今まではヨガ関係の人たちが取り入れただけの手法でしたけど、瞑想ほど人財教育に必要不可欠なものはないんです。

なぜかっていうと、瞑想というのは自然の力、まさにナチュラルな意識の進化なわけです。これを教育に取り入れた、というのがすごく大きいと思っています。

ナチュラルな人財教育で人は変わる


なぜ今日はこのテーマで記事を書いたかというと、確実に結果を出せる、ナチュラルな人財教育っていうものを、日本では我々しか行っていないんだよ、ということ。
そして今回、長倉さんとオレで、このインチキセミナーの話をしていますが、

http://internationalpublishers-syndicate.com/kato/jinzai_o/k.html

本物の人材教育っていうのは、よりナチュラルな自然に従ったやり方なんだよ、ということを伝えたかったからです。

だからこそ、経営者の人とか、リーダーの人とか、人財教育に興味のある全ての人がマーヴェラス・ラボの人財教育を体験していただいて、こんな教育のやり方があるんだな、っていうことをぜひ実感してほしいと思うわけです。
それによって、あなたは、必ずパラダイムシフトを起こすと思います。パラダイムシフトとは、価値観の肯定的変化です。

まさか、こんなことで人がこんなに変わるとは思っていなかったとか、まさか、こんなことで人が変化すると思っていなかった、って感じることがたくさん起こると思います。
ぜひそういうことも実体験してほしいと思うし、自分で体験して、概念化して、それをあなたの強みにして、たくさん取り入れていただけたらと思っています。

これからは、よりナチュラルで自然を使った人財育成というものが、オレは大事だと思っているし、食でも、生き方でも、全てがナチュラルな方に向かうんじゃないかと思います。
だからこそ、ナチュラルさをいち早く取り入れて、ナチュラルな教育で人は本当に変わるんだよ、ってことをぜひ知っていただければと思っています。

それでは。

氣愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする