抑制と解放

こんばんは、加藤秀視です。

最近いろいろと伝えたいことの

インスピレーションが沸きまくってて、

こうして毎日ブログを

お届けしています。

オレはいつも「人」について

書いていて、現実的に

「人が変わっていく」

「人が良くなっていく」

っていうことをテーマにしている。

もしかしたら、読者さんの中には

「あー胸が痛い話だな」

って思う人がいるかもしれないし

「なるほど、そういうことか」

って気付くきっかけになる人も

いるかもしれないけど、

とにかく、オレ達が人間社会に生きていく上で

自分が良くなる、悪くなるってことは、

人生において非常に大きいテーマだと

思うんだよね。

だって、人生、60年、70年、80年、90

何年あるか分からないけれど、

どうせ生きるんであれば、

少しでも多くの幸せ・感動を

感じた方が良いし、

感情が動く経験を

たくさんした方が

いいって思うから。

豊かさ、幸せって

人それぞれ

求めることが違う、

何がその人にとっての

豊かさ、幸せなのか

オレには分からない。

分からないけれど、

オレはその人に幸せであって欲しいし

その人に豊かでいて欲しい、そう願ってる。

もしあなたがリーダーであれば、

リーダーとして豊かで幸せな人生を

自分自身も送って、メンバーにも

与えてほしいと思うし、

もしあなたが誰かについていく人であれば

組織の中における豊かさと幸せを

掴んで欲しいと思うし、

もしあなたが個人で活動しているのであれば

活動の中で豊かさと幸せを

掴んで欲しいと思うし、

あとは恋愛、家族関係、

挙げればキリがないけれど、

ありとあらゆる人、場所において

少しでも多くの悲しみを減らして

喜びを増やしていきたい。

これはあなたも含めたみんなが

願っていることだと思います。

人のことを職業にしている自分なので、

この書き言葉が少しでも

誰かの気づきになったりとか

誰かの為になったりとか

何かのキッカケになれば。

そういう気持ちで、今日も

届けます。

それでは、

前置きが長くなりましたが

今日の本題へ。

 

人生が良くなることの真意

 

例えば、「お金を稼ぐ」ってことが

難しいとか深刻に思う人がいるとする。

それが、お金を稼ぐ本質や意味が分かった瞬間、

お金を稼ぐことが苦痛じゃなくなってしまう。

これって、その人の中で

「抑制」「解放」が起きてるんだよね。

同じように、

今まで人間関係が苦痛だと思っていた人が、

人の心理を知ったり、

自己を確立したことによって

あっさり楽になった、っていう人も

いるわけだよね。

これもまさしく、人間関係が

「恐れ=抑制」という状態から

「解放」されたってこと。

オレたちの人生が

進化するってことは、

嫌いなことが好きになって、

更に好きなことの真意を感じれる

ってことだと思うんだよね。

そういう意味で、オレは

抑制と解放ってすごく大事な

テーマじゃないかなと思ってて。

 

嫌いなことでも好きになれる

 

もちろん、世の中って

難しいことはたくさんある。

けど、向き合い続けることによって

難しいと思ってたことを、

難しいと思わなくなる。

もっと言えば、簡単だと

思えなかったことが、

「あぁ、これってシンプルなんだな」

って思えてくる。

そういう瞬間ってあるよね。

これってまさに、

苦手なことが苦手じゃなくなる

瞬間じゃないかなって思う。

オレたちの人生の中で

お金を稼ぐとか

人間関係を良くするとか

家族関係を良くするとか

こういうことが

得意か?不得意か?っていうと

不得意な人が圧倒的に多いと思う。

でも、自分の人生においての

幸せや豊かさを考えた時には、

ずっと嫌い嫌いって逃げ回るんじゃなくて、

そこは、まさに抑制と解放。

自分の人生に必要なことなら、

今は嫌いだとしてもそこを

好きになっていく為の

工夫や柔軟性って必要じゃないかなと。

 

感情で記憶することの大切さ

 

例えば、人間関係が苦手で

それを解放する、って考えたとき

それをどうすればいいのか?

残念ながら、スキルを学べば

解決するってものではない。

実を言うと、

人間関係における抑制と解放の経験を

沢山することによって、

感情で覚えることが何よりも大事になる。

記憶は脳で覚えるものではなく

感情で記憶する。

感情で記憶するからこそ

うまくいくことが再現できる。

これは、ものすごく大事なこと。

抑制の感情っていうのは

恐れ、苦痛を感じる心境なわけだし、

解放の感情ってのは

心がホッとする感じや安堵する心境だよね。

こうやって人は

感情で記憶していく。

そのためには、

抑制と解放の両極の擬似体験を

たくさん積むことがとても大事。

 

ダイビングの抑制と解放

 

マーヴェラスが海で人財教育の

コンテンツを扱っている理由の一つに

「抑制と解放の体験」がある。

まさにダイビングって

抑制と解放なんだよね。

ダイビングをやったことのある人なら

分かると思うんだけど、

ダイビングって最初はすごい窮屈。

機材は重たいし

呼吸も苦しいし

海の中は深くて怖いし。

良いことなんて何もない。笑

でも、やってるうちに

段々、早く海に入りたくて入りたくて

仕方なくなってくるし、

むしろ重力を感じて

陸にいることが辛くなってくる。

海の美しさを堪能し、

海の中で自由に動き回り、

無重力を感じ、

呼吸も楽に感じる

海の中にいながら

ある意味落ち着きすぎて

ダイビングしながら

眠たくなるときも。

それぐらいダイビングって、

やっていく中で

心境が大きく変わる経験ができる、

ある意味パラダイムシフトを

体験できるんだよね。

おそらく日常の中でこれだけ体感的に

抑制と解放を迎えれるモノって

そうないんじゃないかなって思う。

ましてや、ダイビングは

子どもでもお年寄りでもやれるし

ハードなスポーツでもないしね。

当社は、海中で独自なコンテンツを開発して

抑制と解放を迎えることで、

誰でもパラダイムシフトを感情に記憶させることが

できるってことを実証しています。

すごいでしょ^^v

あなたもぜひ、

嫌いで不得意なものを

好きになり得意になっていくプロセス、

まさに抑制と解放の瞬間の感覚を

体感で得てもらうと、

日常においての

人間関係、ビジネス

今まで苦手意識しか

持ってなかったことに対して

違う視点から

モノやコトが見えてくる。

そんな瞬間を迎えることが

簡単になってくるんじゃないかと

思います。

 

編集後記

 

今日の内容はいかがでしたか?

当社のダイビングショップが

石垣島にあるので、

もし、石垣島に来る機会があったら

是非、ダイビングを通して

抑制と解放の体験をしてもらえたらと

思っています。

それでは!^^

氣愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする