答えを見つけたいなら探すな

今回オレのパートナーでありプロデューサーである長倉さんと「人財」に関するコンテンツをガチで始めていくので、「人財」っていうものに、少しでも興味がある方は、ぜひこれを見ていただければと思います。
http://internationalpublishers-syndicate.com/kato/jinzai_o/k.html

それでは本題に。

答えが見つからない時に、多くの人はモガいて見つけようとするけど、無理に見つけようとしないことも大事だと思うんだよね。

余白っていうか余裕っていうか。見つけたいことがある時こそ、あえて「スキマ」を作ることが大事で。

でも見つからないものを、必死に見つけようとすればするほど焦るし、焦れば自分の見つけたい答えと、たとえ違っていたとしても、それが答えだと信じやすい。
答えを見つけられない自分を責めたり、ダメだと思ったり、誰かと比べたり、自分の物差しで人や世の中を見下し、自分に納得させるサイズで測り、そこに居座り、正論や正しさ持ち始める。

あえてお勧めはしないが、人生の中で全体を通して見た場合は、そういう経験もアリだとオレは思う。
ただ、近道しようとモガいた結果、遠回りしてしまう覚悟はしておいた方がいい。

人って、なんだかんだ綺麗事を言っても、最終的には自分なりの答えでしか納得しないもの。だから実経験や実体験が必要で、それが全ての判断材料になる。
でも実は、答えに触れる機会はたくさんあって。現実的な多くの出来事がオレたちに「ギフト」を与えてくれてる。自分や自分の周りに起きてるその出来事を見れば、「ギフト」という形で、答えを知るためのヒントが視える。

「今は焦っちゃダメだよ」
「あれは別れて良かった」
「今は葛藤する時期だからそれでいい」
「今がチャンス!どんどんチャレンジ!」
「ここからがスタートだよ」
「ここから、いまから、これからでしょ」
「焦らず待つことも必要なとき」
「試されてる時期だからここが重要」
「止まない雨はないし、陽の登らない朝はない」
とかね。

実際に起きてる現実を、冷静に視えれば絶対にわかるもの。
「視える」ために必要なのは、力や能力じゃなくて、オレたちの素直な気持ちや純粋な心や愛ね。

誰にでも必ず答えを知るキッカケが毎日訪れている、ということをぜひ意識していただければと思います。

氣愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする