課題達成力

すべてを解決に導く力

今日は

「課題達成力」

というテーマでお送りしたいと思う。

人は、この課題達成力という力があれば、
すべてうまくいくと思っている。

例えば

人間関係の問題
お金の問題
時間の問題

など、人は様々な問題を常日頃から抱えるが、
それに対する解決策や方法は正直いくらでもある。

でも、そもそも
たとえどんな策や方法を考えてても

「課題達成力」

の力がなければ、絶対に解決することは無理で、
逆に言えば、その力さえあれば
すべてが解決出来ると思う。

課題や問題を自ら設定する人

オレたちは生きている限り、
常に何かしらの課題や問題を抱えている。

ただ、世の中を見ていると、この課題や問題をクリアする力を
持ってない人が本当に多い!ってことを感じる。

しかし、世の中には自ら課題や問題を見つけて
自分で解決していくような人たちもいて

自立型人材

と呼ばれる、この人たちは
自分で問題や課題を設定して、それをクリアしてしまう。

そもそも、彼らが設定する課題や問題は
必ずしも解決する必要のないことでもある。

なぜなら、その課題や問題というのは、
やりたいことやチャレンジしたい領域のもので、例えば

もっと稼ぎたいとか
自分に力をつけたい、とかね。

つまり、課題や問題っていうのは
常にマイナスのものだけじゃなくて

自分の視える世界を広げたり
自分をさらに成長させたりしたい

といったプラスの課題や問題というのもある。

課題や問題を自ら設定する人

ただ、自立型人材と呼ばれる人たちも、
初めから力があったわけではなく、

与えられた課題や目の前の課題を何度もクリアしてきたからこそ、
身に付いた力だと言える。

この意味がわかります?

つまり、日常から小さな課題に一生懸命取り組んで、それを解決する力が
付いたからこそ自分で設定した、達成困難そうな問題や課題も
クリアできるようになったということ。

小さな問題・課題を解決する経験を積み重ねないと、
中くらいや、大きな問題は、とてもクリアなんてできないし。

小さな課題や問題を繰り返し繰り返し解決していくことで、
自信と力が自然とついて次第に、大きな課題や問題を
達成できるようになっていく。シンプルなこと。

逆に、小さな課題もクリアする力のない人は
そこから逃げてしまい、誰かや何かのせいして
できない言い訳や、やらない理由や正論を言いまくる。

そうなると当然、
お金の問題や人間関係の問題といった多くの人たちが
共通でぶつかる問題や課題を解決することは到底できない人になる。

そんな根本となる
力の無い状態で

どれだけセミナーで学んでも
どれだけ本を読んだとしても

結果は変わらない。

なぜなら、そもそも課題を達成するとか、
そこに向き合う力がない人だから。

今まで、与えられた小さい課題も達成せず、向き合わずに、言い訳を繰り返し、やらない理由を作って逃げている人は、いつまでたっても力がつかない。

つまり、世の中で上手くいかない人が多い根本は、小さな課題を解決する力もない状態で、誰かや何かに感化され、いきなり大きな夢や目標に挑もうとして、ほとんどの人が上手くいかず挫折してしまう。

これは、当然の話だよね。
だから、

オレたちが本当に身につけなきゃいけない力は、
人から与えられた課題や天から受けた課題を
とにかく実直にクリアしていくこと。

それが、自分に力がつく
一番の近道。

でも、さっきから繰り返すようにそこから逃げたり、
誰かや何かのせいして言い訳してるうちは、絶対に力はつかない。

乗り越えた先にある成長

そもそも、課題というのは
達成できない人には与えらないもの。

例えば、もしあなたが誰かに対して何か課題を与える立場なら、
相手がその課題を達成できる力があると思えるから与えるはず。

なら、相手が絶対に達成不可能な課題を
出すことはしないはず。

そう考えると、自分の目の前に来る問題や課題は、
達成できる領域のもの。

そして、その達成の先に、あなたの力が付き、
成長するチャンスが確実に待っている。

それなのに、与えられた課題に対して

言い訳をつけて
不満を言って
やる気がない

と言ってしまったら、そこからの
ステージアップはない。

達成や解決するための根本的な力

何度も言うように、
自分に与えられた課題や問題は絶対に達成できる領域のものだし、
その人は達成するだけの力がある。

もっと言えば、達成した先の成長した自分を
手に入れるために課題や問題があるとオレは思っている。

だから、あなたに知っておいてほしいのは
セミナーや本などで知識を学ぶことが全ての力だと勘違いしないこと。

もちろん、学ぶことも大事だろう。

ただ、それだけでは課題や問題は解決できない。

だからこそ、課題を達成する力を高めることに
まずはフォーカスすることが重要。

課題を解決する力っていうのは本当に、
生きる根本の力、と言える。

人間関係がうまくいくためのスキルやお金を稼ぐためのスキル、
といった、薄っぺらい表面的なものではなくて、

もっともっと
根本的な力!

究極の理想系

そもそも、課題達成力を持つ人は、何か問題が起きても
それを深い問題とも思わないんだよね。

なぜなら、その人たちは問題を達成できてしまうし
それを超えた先にしか成長が得られないとわかっているから。

だから、どんな問題が目の前の来てもどんな課題が目の前に来ても

自分の力や
他人の力や
組織の力や

多くの人の力や知恵を借りて達成できてしまう。

これは、そもそもスキルやノウハウがあるから
課題が達成出来るわけじゃなくて、
「達成意識」が強い。

だから、課題を与えられたときにも
マイナスに悩むことはないんだよね。

なぜなら、達成した方が面白いと分かっているから、
達成するためのありとあらゆる方法を考える。

「どうすればできるのか」

「どうすれば達成するか」

このように、根本的に課題は達成するものだと意識してるから

「人間関係の問題」
「お金の問題」

などが起こったときも、問題とは感じるが
解決できない問題だとは思わない。

そしてこれは、これまで小さな問題や中くらいの問題を
何度も繰り返し解決してきたからこそ思えること。

むしろ逆に、課題を楽しめる。

課題をクリアすることで自分のさらなる成長を実感できる。

これは、本当に自立型人財の理想形だと
オレは思っている。

逆に達成力がなければ、

課題なんて解決しなくてもいい
とか

ありのままでいい
みたいな

聞こえのいい言葉や、逃げる共感が得られそうな
スピリチュアル論に走り宙に浮いた話になってしまう。

結局それだと解決する力が身につかないから、一生涯問題からは
逃げることができないわけだよね。

あなたが欲望の全てから解放されてる超越した人なら話が別だが^^

自分でコントロールする力と相手に貢献する力の根源

もし課題達成力がある人なら

「その問題は解決しなくても別にいい」
「その問題は手放そう」

と、あえてその問題から離れることもできるが、課題達成力がない人が
同じセリフを言ってしまったらそれはただの「逃げ」だし
言い訳にしか過ぎない。

そんな人は、相手の胸先三寸で、
すべてが変わってしまう。

つまり、相手の思うままに
コントロールされてしまうということ。

恋愛も
ビジネスも
人間関係も

すべてにおいて相手の意思に流されてしまう。

結局、それは自分でコントロールできず
自分で意思決定もできない。

つまりそれは、自分に力がないってこと。

だから、ずっと誰かの力に頼って
生きなければならないわけだ。

それが、必ずしもダメなことではないが、結局それでは、
人の力になることもできないんだよね。

逆に、自分に力があれば、
周りに力を貸すことだってできる。

だから、ぜひみなさんには自分で自分の人生をコントロールして
周りに貢献するために必要な力であり、あらゆる課題や問題を
解決に導くすべての根源と言える

「課題達成力」

を、いの一番に身につけて
いただければと思う。

それでは。

氣愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする