人として本当に大切なこと

こんばんは、
加藤秀視です。

先日、久しぶりに
素晴らしい教育者の
方と出会いました。

その人との出会いで
オレもすごく刺激と
衝撃を受けて、

改めて今自分がやってることに
強い確信を持てたと共に、

さらにやってやろう!と
メラメラ燃えてるところです。

その方のことは、
興奮が覚めないうちに
また皆さんにシェア
しますね。

それでは本題へ。

アレができない人たち

人と人が出逢うには、
必ず何らかの『きっかけ』がある。

人のおかげで出逢いがあり、
そして個々としての関係性が
構築されていく。

友人レベルでも、
仕事の関係でもそうだが、

『出逢い』においては
必ず紹介者がいる。

オレは、紹介してくれたことに対して、

「つないでくれた人のおかげで出逢えた」

という気持ちを当然ながら
絶対に忘れてはいけないと考えてる。

これって人間として
当然のことだと思うんだけど、

こういう当たり前のことが
できない人ってかなり多くて。

一つ間違えると
きっかけを与えてくれた人の顔を
潰したあげく、

自分を売り込み、いい顔をして、
綺麗事を言いまくるという輩も存在する。

最悪の場合は『出逢った人』
『紹介者』の関係性も
壊すことになるのに、
自分さえ良ければいいと
お構いなしだったりね。

人のつながりで守るべきルール

人のつながりの中には、
教科書にも辞書にもない、
飛び越えてはいけない
ルールって必ずある。

でも、自分勝手なヤツは
「自己顕示欲」+「自己嫌悪」
で、無意識にそのルールを
飛び越えてしまうんだよね。

けど、よく考えてみてほしい。

この出会いにおいて、
「出逢った人」「紹介者」の関係性が
「仕事の仲間」だったら、
普通にありえないよね。

「紹介者」「信頼」があってこそ
「出逢えた人」のはず。

自分にはそのパワーも信頼性も
ないはずなのに、

それを勘違いしてしまう人も、
させてしまう周囲も本当に非道だと感じる。

今日も明日も、アレに生きよう

すでに聞き慣れた言葉だし

たぶん、今更感もあって
聞き流されやすくて、

浮ついた概念ぽいって
思う人が多いけど、

「感謝や愛に生きる以外、人間の自発的進化」

は起きない。

それが例え嬉しい結果であろうと
ひどい結果であろうと、

今の環境に感謝できるからこそ、
更にそれを良くしようと
自発的にやれるんだよね。

また、どんな出来事でも
感謝できるからこそ、

次回は更に改善しようと
自発的にやれる。

今の出逢いに感謝できるからこそ、
恩や愛を形で返そうと
自発的にやれるし、

そばに居てくれることに
感謝できるからこそ、

もっとやろうと
強く自発的にやれる。

許されたことや
救われたことに
感謝できるからこそ、

自発的に人も許せるし
人にも優しくなれるし
その分、自己の成長に貪欲になれる。

とにかく、これがすべてじゃないかなと。

ここから言えるのは、

「感謝がオレたちに更に向上心を与えてくれる」

ということ。

感謝がオレたちのハートに
溢れる程の愛を与えてくれる。

感謝が、甘いオレたちの基準に
高いコミットメントを与えてくれる。

だからこそ、当たり前の言葉だけど、
とにかく「感謝」って凄いんだよ。

無形の感謝が有形となり、
人が人として創造されていくんだよ。

編集後記

今日は、徹底的に「感謝」について
語ってみた。

今年に入ってから、1日16時間から
18時間は働いてるし、

今年から新しくスタートすることが
多くて、睡眠時間を削ってでも
いろんなことをやってる。

ただ、こういう忙しい時だからこそ、

一緒に動いてくれるメンバーや
仲間、クライアントさんに対して
感謝の気持ちがダダ漏れのように
溢れるからこそ更にやり抜けるんだよね。

こういう時期だからこそ、
ぜひ、あなたも感謝に想いを馳せて
過ごしてみてはいかがでしょうか?

それでは!

氣愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする